自動車保険の通販型と代理店型の比較

軽自動車と普通車の魅力と自動車保険

MENU

自動車保険の通販型と代理店型の比較

自動車保険の通販型と代理店型の比較

 

通販型の自動車保険といっても、その数は10社以上あり、また保険の内容を自分自身で確認することが必要不可欠になります。

 

その数の多さから、一括見積を行い比較検討をする方も多いと思います。
しかし、この方法を私はお勧めしません。

 

その一つの理由として、保険更新の時期になると各社からダイレクトメールが来るようになるからです。

 

私も数年前に一括見積をした会社から毎年メールが来るようになり、個人情報が漏れている気がして不快でした。

 

そこで、だいたいの補償内容、料金、またレビュー等を確認して、気になった会社から見積をとることが良いと思います。

 

また、不明な点があれば、コールセンターに電話して説明を受けるのが良いと思います。
丁寧に教えてくれるので、安心することができます。

 

私が見積をした中で、最も安かった自動車保険は、「イーデザイン損保」です。

 

基本的な補償内容にエコノミー型の車両保険を追加して、6等級でありながら8万円でした。

 

他の会社では、同条件で10万円以上でしたので、とても安い自動車保険ではないでしょうか。

 

通販型であっても、電話でコミュニケーションをとることができるので、安心して契約することができると思います。
こちらのサイトに詳しくのってますよ。

 

通販型の自動車保険のメリット

通販型の自動車保険のメリット

 

自動車保険には通販型と呼ばれる契約のタイプがあり、こちらは損保の会社と自分が直接契約を結ぶタイプになります。
直接契約しないものは、間に別の会社が入ってくれて、そこが契約に関して協力してくれます。

 

補償の内容とかに関しても細かい部分まで対応してくれるので、便利といえば便利です。
しかし、普通に考えたらお分かりいただけると思いますが、間に会社が入るってことは、そこにお金がかかっているので、トータルの費用が高くなりやすいのです。

 

自動車保険の費用に関して、そんなに気にしていない方はそれでも良いと思いますけど、少しでも安い方が良い思っている方には、通販型の方が一番望ましいと言えるかもしれません。

 

それはやっぱり損保の会社と直接契約をする形になるので、余計な費用がかからないということにつきます。
その分、費用が安いということが言えるからです。

 

しかし、自動車保険に関して何も分からないという状態の方は、費用に目を瞑っても代理店を間に入れた形で契約をした方が失敗が少ない可能性はあります。

 

一方、自分は詳しいから、1人で何でもできるという自信があるならば、通販型を利用しても良いのではないでしょうか?
安くなる、ならない以前に満足のいく契約ができるか?がまず問題ですから、そこをまず優先しましょう。

自動車保険の通販型と代理店型の比較の関連記事

軽自動車と普通車の魅力と自動車保険
車と保険のコラム